しきたりを見直す

お墓というものは、親の世代から子供の世代へと受け継がれていくものであると考えられているのではないでしょうか。しかし、現代では、それは時代おくれともいえる考え方になりつつあると言えるでしょう。最近では「個人」という考え方が… しきたりを見直す の続きを読む

臨終に立ち会う場合

死亡が医師によって確認ということになると、遺体は病院に一時安置ということになるそうです。親やパートナーなど、大切な人の死に立ち会うのはとても辛いものです。それでも、大切な人だからこそ、しっかりと見送る必要があるといえると… 臨終に立ち会う場合 の続きを読む

危篤を知らせるということ

親との別れ、パートナーとの別れはとても辛いものだと思います。現代の日本では9割以上が病院で亡くなるそうです。病院に入院中だと、医師からの説明などで覚悟できる部分もあるかと思います。一方で、家で亡くなることもあるかと思いま… 危篤を知らせるということ の続きを読む

仏壇で供養する場合

仏壇はお位牌を納めるというだけではなくて、御本尊を祀るところです。仏壇は購入したら開眼供養が必要となります。本来は仏像や仏具を飾って仏様を祀る台のことを仏壇と呼ぶそうですが、マンションなど仏間が無いお宅も多いせいか、仏壇… 仏壇で供養する場合 の続きを読む

これからの納骨堂

納骨堂がお墓にとってかわり、死亡者数の急増に対応していくためには、これまで以上の年月にわたり、管理できるような体制を構築しなければなりません。その計画案の一つに、国土交通省所管の国土技術政策総合研究所が公表している、「中… これからの納骨堂 の続きを読む