家族が亡くなったときに最低限必要なこと

家族が亡くなったときに最低限必要なことは、故人さんの死亡届を役所に出して戸籍を抹消し、ご遺体を火葬・埋葬するという点を守れば、故人さんをあの世に送り出したことになります。
この原点の一番目は死亡の判定です。これは医師しかおこなえません。「死亡診断書」(一般的に死亡届と一緒になった一枚の紙)に医師が記入し、そのあと遺族が記入して役所に提出することで戸籍が消え、死亡したそのひとはそこで「故人」となります。死亡診断書の料金は病院によりますが、一通5000~20000円程度です。
死亡診断書が死後の諸手続きで必要な場合があり、コピー可の場合もあるので数枚コピーをとっておきましょう。
また死亡届提出と同時に「死体火葬許可書」を受け取ることで火葬が可能になります。これがないと火葬できません。
病院で死亡した場合は担当医師が死亡判定と死亡診断書を書いてくれるのですが、自宅・外出先での死亡の場合は、死亡の確認をした医師が書きます。
自宅で死亡した場合は至急かかりつけだった病院に連絡して医師を呼びます。それまで絶対にご遺体を動かしてはいけません。
かかりつけがなかった場合は、近所の病院か警察に至急連絡します。医師が死因に特別なものがなければ自然死として診断されます。
もし死因に不審点があった場合は変死の扱いになり、行政解剖あるいは司法解剖が行われる可能性があり、変死ということになれば「死体検案書」が渡されます。
外出中に容態急変あるいは事故での死亡は変死扱いです。しかしこの場合も病院に搬送されてから死亡したならば自然死ということになります。
役所に死亡届をだすときに「死体火葬許可証交付申請書」を一緒に提出します。この申請書は火葬場を記入しなければいけないので、火葬場の予約がとれてから行うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です