仮門、白い布

各地に見られる、出棺のさいにお棺を通常は縁側などから、時には窓から出す風習があるそうです。なぜ玄関からお棺を出さないのか。それは玄関は出入りがある場所だからです。生きている人間は勿論、亡くなった方の魂も出入りするとされ、故人の魂が出て行くのは問題ないのですが、あの世に行けず迷って戻ってきては困ると考えられているのです。ですので通常の出入り口ではなく別の場所からお棺をだしているようなのです。

仮門というものを作る地域もあります。縁側や庭などにアーチ状の簡単な門──仮門を作ります。材料は竹や葦など地域によって違うそうです。その仮門はお棺をくぐらせるとすぐに壊します。仮門をあの世への入り口とし、故人の霊が戻ってきても帰るべき出口、門がないので帰ってこられないという仕組みです。仮門は壊したあと燃やすことが多いそうで、それを門火というのですが、意味合い的にはお盆の送り火と近いものがあるようです。

出棺の時に「善の綱」という儀式も存在します。これは葬式だけにかかわらず、仏像の御開帳や入仏士気でもおこなわれます。葬式での意味合いは、元々野辺送りの時に行われていたしきたりで、今形として残っているのは白いさらしの布を棺に結び、この端を遺族が持って引っ張るというスタイルです。由来は平安時代まで遡ると言われており、寺院でも見られることから今でも風習として残っているというのはうなずけますね。祝い事のさいは紅白の綱、葬式には白い綱という、同じ善の綱という意味で用いられる地方もあるそうです。出棺ひとつとってもたくさんのしきたりや願いがこめられているようですね。少しずつ形は変わっていっているそうですが、込められた思いは同じでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です