墓地の購入

墓地は、各地域や都道府県などによって認められている「お墓を建てるための区域」と言えるでしょう。ここには、墓地を管理している事務所や駐車場、通路といった、墓地に関係するその他の施設も含まれているようです。墓地を買うということは、永代使用料を支払うということと言い換えることができるでしょう。永代使用料というのは、都心や郊外などの立地や、運営しているところによって大きく差があると言われていますので、情報を収集し、理想に近い場所を選べると良いのではないでしょうか。近年では終活のひとつとして生前にお墓を建てるという人も多く見られているようです。一見すると生きている人のお墓を建てるというのは縁起が悪いという風にとられがちですが、生前からお墓を建てるのは別段不吉ということでもないようです。

反対に「寿陵」といい、功徳が高い行為とされているようです。さらに、お墓というのは消費税や相続税がかからないとされているため、先に購入して財産を消費することで節税になるというメリットもあるでしょう。近年ではお墓のスタイルも豊富になり、公園墓地、霊園、納骨堂などというように多くの選択肢があるのも魅力的と言えるでしょう。気を付けておかなければならないのは、菩提寺などがある場合、形式を間違うと葬儀や告別式を依頼できないという可能性も出てくるかもしれないため、事前に確認しておくことは重要と言えるでしょう。代々続くお墓が遠方で購入するしかないかなという方も、近年ではお墓のお引越しなども増えているため、検討してみても良いのではないでしょうか。いずれにせよ、家族間でよく相談し、みんなが納得して購入できるのが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です