結婚と墓

最近では、少子高齢化が大きく進んできたこともあって、一人っ子の世代が結婚をした場合などに、どちらにもお墓が存在しないというケースもあるようです。このような場合、新たにお墓を作り直す必要が出てくると言えるでしょう。ここでは慎重に、どちらがお金をどれくらい払うのかというポイントなどを中心に、親戚同士でしっかりと考え、話し合ってておくことが後々のトラブル防止に対するひとつの方法と言えるでしょう。ただ、一般的に夫婦となる人々が両方とも一人っ子である場合には、二つのお墓を建てることが一般的と言われているようですが、二つのお墓を建て、それぞれの家の墓を将来ずっと管理していくということは非常に大変で負担の大きいものであるため、このような場合には、簡単な解決方法として「一つのお墓を建て、双方の親を祀る」という方法が挙げられるでしょう。このとき、墓石の銘としてどのような文字を刻めば良いのか悩む人もいるかもしれませんが、先祖代々の墓という風にざっくりとそれらしく刻んでおけば、今後、どんな家族ができたとしても使うことができるのでお勧めでしょう。他にも、最近では、亡くなった人や家の中で家訓とされているような言葉を刻む人もいるようです。こういったことからも、お墓の多様化が進んでいるということが分かるのではないでしょうか。 夫婦が、二人だけで入るためのお墓なども最近では広がっているようで、残念ながらお子さんがいないご家庭などに多くみられているようです。このような場合であっても、継承する人がいない場合には、夫婦それぞれが亡くなった後のお墓の管理についても、しっかりととり決めておかなければならないという点は注意しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です