しきたりを見直す

お墓というものは、親の世代から子供の世代へと受け継がれていくものであると考えられているのではないでしょうか。しかし、現代では、それは時代おくれともいえる考え方になりつつあると言えるでしょう。最近では「個人」という考え方が多くなり、「しきたり」や「家族という単位」というものが少なくなってきたこともあり、割と自由な形でお墓を構成することが一般的になりつつあると言えるでしょう。もちろん、核家族化が進んでいる現状は都心を中心とし、地方においては未だにそれぞれの家族単位によって引き継がれたお墓というのも存在しているでしょう。このように引き継がれてきたお墓を、どう守っていくのかということは、地方から都心へ出てくる際に頭を悩ませる点とも言えるのではないでしょうか。管理はもちろんのこと、自分自身が亡くなった後にお墓を継承する人がいるのかどうかということも悩みの種とも言えるでしょう。このような点について、家族のある人は、事前に家族会議などをし、単身という方は、親族や兄弟で話し合い、しっかりと決めておくことが重要ではないでしょうか。一般的には、長男が家のお墓に入るというのが形式のようですが、近年では一人だけで入る個人墓というものも発展しており、家のお墓は兄弟に譲り、自分のお墓を準備するという人もすくなくないようです。お墓を引き継ぎ、管理していくよりも費用がかかることは難点と言えますが、代々続いたお墓を絶やしてしまわない対策ともいえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です