仏壇で供養する場合

仏壇はお位牌を納めるというだけではなくて、御本尊を祀るところです。仏壇は購入したら開眼供養が必要となります。本来は仏像や仏具を飾って仏様を祀る台のことを仏壇と呼ぶそうですが、マンションなど仏間が無いお宅も多いせいか、仏壇もモダンなものが増えました。タンスの上に乗るような小さなものや、仏壇とわからないような箱型のものなどがあれば、色も選べたりします。

仏壇を購入するときは、49日までに揃えておくそうです。49日の忌明け法要が終わってから使用し始めるそうということです。そして仏壇を購入したら菩提寺の僧侶に「開眼供養」をしてもらいます。「開眼供養」とは、仏壇に本尊の息吹を入れる儀式のことです。モノでしかなかった仏壇が礼拝の対象になるということのようです。忌明け法要の後は、後飾り祭壇に置いていた白木の位牌をお寺に返すそうです。そして入魂供養をしてもらった本位牌を仏壇に納めるそうです。

最近では葬儀社の方で49日の法要の手配、後飾り祭壇の片付けなどもしてくれたりするので、任せてしまう人も多いようです。また菩提寺が遠くて僧侶を呼べないとか、菩提寺がないという場合は、家族が手を合わせるということでも良く、そして年忌法要のタイミングで僧侶に供養してもらうということでも良いです。開眼供養もお布施が必要であり、金額は僧侶に聞いた方が良さそうです。仏壇の置く向きですが、仏教なので極楽浄土の方向である西に向かって拝むので、東向きに置く人が多いようです。また、一般的には北は避けます。そして朝食前と夕食前に礼拝し、朝はお茶やご飯を供える、お花のお水も取り替えるなど、仏壇の手入れもしっかりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です