供養するのは誰か

お墓を守るというのは、結局、誰が守るのかで決まってくると思います。
誰がというのは、親なのか、子どもなのか、孫なのかということだと思います。
子どもがいない場合は親戚になるのかもしれませんし、初めから合同墓ということになる場合もあると思います。
墓じまいを考えないといけない場合もあるようです。
実際、孫の世代に受け継ぐのは無理だと、子どもが先祖代々の墓じまいに動くこともあるようです。
核家族化も進んでお墓参りの習慣があるお家もすっかり少なくなったと思います。
お寺もパワースポットとか御朱印集めの場のような感じになって、檀家を集めることを諦めて、別の集客方法を模索しているように見えます。
自分のためのお墓を考えるのは辛いかもしれませんし、親の死を考えるのは子どもとしてはイヤかもしれませんが、お墓の継承問題は親が生前に考えていた方がいいという人もたくさんいます。
親の方は、子どもに迷惑をかけたくないという思いから、散骨したいという人も多くいるようです。
そして子どもたちも費用の面が心配だったりするかと思います。
また自分たちの子どもたちへの負担を考えて、散骨がしたいと思っている人も多いといいます。
けれど、散骨がしたいというのは、死んでしまったら言えませんし、子どもも親が死んでから散骨をしたいとは言い出せないと思います。
少し辛いことですが、お互いの気持を話し合っておくことで、解決できることもたくさんあるようです。
お墓に関しても納骨堂にするのもありますし、樹木葬ができる墓地もありますし、選択肢が増えていることも分かり合えるかと思います。
新聞のチラシや雑誌の広告、電車の広告など、ちょっとしたことをキッカケにして話し合うといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です