香典以外に収めるもの

地域によっては、通夜ぶるまいの招きを受けたら、香典とは別に「御夜食料」や「御手伝」などという表書きをして、喪家に渡すという風習があると言われています。近親者の場合は、血縁が近い順に「通夜見舞い」と呼ばれる餅やおこわなどを持ち寄るとされているようです。このように近親者が通夜に訪れる際に「通夜見舞い」として酒や菓子を持参するしきたりは多く見られるとも言われています。また、呼び方の違う同じような風習が「淋し見舞い」や「夜伽見舞い」というように、日本各地で見られるようです。これは、いずれも遺族の負担を減らすための心遣いであるのではないかと考えられており、香典とは区別されているようです。通夜ぶるまいという風習は関東ではよく見られるようですが、関西では通夜後の食事は遺族や近親者だけということが多く、通夜ぶるまいという風習は、それそのものがないという場合もあるようです。「御夜食料」と呼ばれるものは、そのように「通夜ぶるまい」に出席する際の「出席料」とされているのかもしれません。他にも独特のしきたりとして、お葬式の受付で「ともに立ちますか?」と聞かれる地域があるようです。その土地では当たり前の風習のようですが、ほかの地域から参列した人などは、意味がわからない質問なのではないでしょうか。これはどうやら「精進落としまで同席しますか?」という意味の質問とされており、「ともに立つ」と答える人は、ほとんど故人に近しかった人のようです。この地域の受付には「色代」と書かれた張り紙のある深めのお皿などが置いてあり、「ともに立つ」人は、お皿にお金を入れていくのがしきたりのようです。「色代」というものは、故人をあの世へ送る「旅のお手伝いをするお金」という意味合いを持つとされているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です