男性の服装マナー

親族の場合、「喪服」を着用することが正式な形式ではありますが、参列者として葬儀に出席する場合にはどのような点に気をつけたら良いのか、改めてみて行く事にしましょう。まず、男性の場合から見ていきましょう。多くの場合、黒いスーツを着用するのが一般的と言え、ネクタイも黒の無地といったものを選ぶと良いでしょう。しかし、無地と言っても織り柄が派手なものなどは避けた方が良いでしょう。そして、意外と見落としがちと言われるのが「結び方」ではないでしょうか。普段通りに結ぶというのでも構わないのですが、お葬式でのネクタイの存在意義は「お酒落」ではないため、ボリュームが出てしまう結び方であったり、結び目のくぼみなども作らないように気をつけましょう。スーツは、先に書いた通り黒が最適と言えますが、用意できない場合などには濃紺かダークグレーのものを着用すると良いでしょう。シャツは白が基本とされ、柄や模様が入ったものなどは避けたほうが無難でしょう。靴下にも注意が必要であり、見えないから大丈夫と思っていても、葬儀場によっては靴を脱がなければならないという場合があり、万が一、白や柄物の靴下を履いてしまっていたりするとかなり目立ってしまうでしょう。きちんと黒の靴下を用意するのがベストと言えるでしょう。また、靴は革でもかまわないと言われていますが、スエードの靴などというものは、皮が殺生を連想させてしまうとされ、避けておくと良いでしょう。カバンは一般的な黒のビジネスバッグで問題はないでしょう。お葬式では控えめな格好が基本とされています。派手な腕時計やカフスボタン、ネクタイピンなども気をつけておくと良いでしょう。火葬式などと言った略式の場合でも、こう言った基本の服装マナーを心がけておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“男性の服装マナー” に1件のコメントがあります