香典袋の書き方

不祝儀袋の表書きの種類には一般的に「御霊前」と「御仏前」という2つの種類が見られるのではないでしょうか。よく耳にする相談として「どちらを選んでいいのかわからない」というような内容が多く寄せられると言います。正式には、お通夜や葬儀、告別式の際に使用するのが「御霊前」であり、四十九日の法要から使用するのが「御仏前」になるとされているようです。これは、仏教での正式な使用例であり、仏教では、四十九日までは故人が新しい生へと生まれ変わる準備期間とされているため、故人はこの世にもあの世にもおらず、四十九日の法要を終えて初めて仏さまになるという考え方からのしきたりのようです。しかし、仏教と言っても宗派によって様々な違いが見られており、「浄土真宗」では、亡くなって仏さまになるとは考えない「即得往生」というものがあり、教義としても霊の存在というものを認めていないため、常に「御仏前」の表書きが正式とされ、「御霊前」を使うことは無いようです。この「即得往生」という考えは、親鷲の思想であり、死後、阿弥陀仏の浄土に往き、生まれ変わるいう「往生」の考え方を覆し、生きている間に浄土真宗に入信した瞬間に「往生」が決定するという、生きながらにして救われているという実感を与えられると言った考え方を指しているようです。また「往生即成仏」という考え方もあるとされ、阿弥陀仏の浄土は、煩悩が消え去った世界と考えられ、ここに生まれ変わると、ただちに仏になり、彷徨う幽霊になりこの世に現れたり、供養を怠ったからといって罰を当てるような煩悩を抱えたものなどいないという考え方があるようです。宗教や宗派によって頭を悩ます香典袋ですが、情報が少ないといった場合や、火葬式などのような簡略化された葬儀の場合など、判断に困った際は「御霊前」にしておくと失礼にあたらないとされているようです。