変わったしきたり

日本の「お葬式」におけるしきたりは、地域によって様々であり、その内容もバリエーション豊かであると言えるでしょう。ある地方では、納棺の前日に肉親が故人に添い寝するというしきたりがあると言われているようです。遺体を布団に寝かし、その横に家族も布団を敷いて寝ることもあるようです。これは、故人が寂しくないようにという想いから生まれた風習であると言え、そもそも通夜というものは、亡くなったその日の夜からはじまり、葬儀・告別式の日の朝まで営まれるのが一般的だったと言われています。つまり、夜を徹しての儀式だから「通夜」と呼ばれていたようです。当時は、線香やローソクを絶やさないため、夜を徹して行うとされていたようですが、このように、夜を徹して行うという点から考えると、もしかしたら「通夜」は故人との添い寝からはじまっているのかもしれません。この添い寝の意味合いとしては、肉親に霊魂を継承させるためともいわれており、驚くことに「通夜」のことを「添い寝」と呼ぶ地域もあることから、遺体に添い寝をするというしきたりのほうが、むしろ本来の姿と言えるのかもしれません。また、他にも珍しいしきたりとして、亡くなった故人の着物に7日間水をかけて続けるというものが挙げられるでしょう。これは「七日ざらし」と呼ばれており、理由は解明されていないようですが、清めることと関連があるのではないかということから、神道に深く根付いたしきたりなのではないかと考えられているようです。簡略化した火葬式のみといっても、もしかしたら細かな地域のしきたりがあるかもしれません。事前にしっかりと確認し、葬儀後の地域とのつながりというものも考えていけると良いのではないでしょうか。