友引のお葬式

昔から「友引の日にはお葬式ができない」というようなことを聞いたことはないでしょうか。これは友引という表記が「友を引く」という事を想像させるため、「故人が友を引く」と考えられ、故人に続いて更に死者が出ると考えられてきたため、昔から「友引にはお葬式を行わないほうがいい」と言い伝えられ守られてき宝ではないでしょうか。意味合いとしては「仏滅の日には結婚式を行わない」と言って避けるのと同じであると言えるでしょう。しかし、言って見れば、これらの言い伝えはただの迷信にすぎないのではないでしょうか。このような迷信のために、仏滅に結婚式が入らず困った結婚式場や、ブライダル業界は、迷信などを信じなくなった若い世代に向けて割引サービスなどをはじめ、現在ではこう言った迷信はほとんど忘れられつつあると言えるでしょう。しかし、ブライダル業界では迷信に勝てたにもかかわらず、何故か「お葬式業界」ではいまだに友引の迷信を拭うことができていないのが現状であると言えるでしょう。そもそも「友引」というのは、六曜の一つであるとされ、その日の運勢を占うものであり、現在で言う「今日の運勢」のようなものでしょう。つまり、ただの占いという事であり、信じる人もいれば信じない人もいるというようなあやふやな存在であると言えるでしょう。更に、この六曜というものは中国から入ってきたとされており、もともと仏教とは関係がないとも言われています。その上、本来の友引の意味は「勝負なし」「供に引く」というものであり、「死者が友を連れていく」というものとは結びつかないと言えるでしょう。それでも残る迷信は、単に火葬場が友引を定休日にしているためなのではないでしょうか。そのため、火葬式などは必ず迷信通りの友引以外に行われ、迷信が守られているように思われているのかもしれません。