お焼香の回数

お葬式の際、よく目にする光景、またよく耳にする相談として挙げられるのが「お焼香」ではないでしょうか。そもそも経験する回数も少ないため、おぼろげな記憶を辿りつつ、また、周りの人を見よう見まねで行うといった方は少なくないのではないでしょうか。よく、正しい回数として「仏、法、僧の三宝に捧げるものであるから、3回が正しい」というような事を耳にしますが、実はこれは、ただの俗説にすぎないそうです。正直言うと「お焼香の回数」に正解も不正解もないというのが本当のところと言えるでしょう。これは、他の作法同様、宗派によって回数が違うということから言えることだそうです。例えば、真言宗は3回お焼香をすると言うのが正式のようですが、これは、先に書いた仏・法・僧の三宝に捧げるといわれている説もあれば、貧欲・怒り・真理に対する無知といった「三毒」と呼ばれる煩悩を消し去るためという説もあるようで、意味合いというものは不確かな事は確かでしょう。曹洞宗では2回が正式とされ、1回目は額におしいただき、2回目は香炉の上で横に手をすべらせバラバラと抹香を焚くのがしきたりとなっているようです。また天台宗、浄土宗、日蓮宗などは、回数の決まりがなく、その時のお坊さんの説明の通りにしていれば大丈夫というような場合もあるようです。一応、宗派によって焼香の回数は決まっているようですが、同じ宗派であっても、お坊さんによって回数が違うということもあるようです。あくまで宗派別の焼香の回数というものは、ただの目安と考えていたほうがいいのではないでしょうか。火葬式などの略式の葬儀も増えている昨今、言ってしまえば、何回でもいいとされているのが本当のところと言えるでしょう。大切なのは回数ではなく「お焼香する気持ち」なのではないでしょうか。