葬儀と告別式は別物

お葬式などの案内や式次第を目にするとき、葬儀と告別式という2つの儀式は、かなり高い確率で「葬儀・告別式」とまとめられて表紙されているのではないでしょうか。このような表記が一般的になっていることから、多くの人は「葬儀」と「告別式」を「まとめた儀式」として認識している人が多いのではないでしょうか。

また、ごく稀に、この2つが「同じ儀式」であると認識している人もいるようです。

 

しかし、本来「葬儀」と「告別式」というものは、意味も目的も全然違う「儀式」であるようです。

もともと「葬儀」と呼ばれる儀式は、遺族や近親者が集まり、故人の冥福を祈ったり、成仏を祈願したりするための儀式のことを指しているようです。また、仏教的な意味合いでは、故人の成仏を祈り、仏の弟子として戒律を授けられるための儀式でもあると共に、「あの世」へ導くための引導を渡すといった意味のある、とてもに大切な儀式でもあると言われています。

次に「告別式」と呼ばれる儀式は、生前、故人と付き合いのあった友人や知人、仕事などの関係者といった人たちが集まり、それぞれが最後のお別れをするための儀式と言われています。

 

 

つまり、「葬儀」というものは、故人を弔う故人のための儀式であるとされ、告別式は故人を偲ぶために行う、故人の周辺にいた人たちのための儀式とされているようです。そのため「葬儀」は宗教儀式である場合でも、「告別式」はそうでないといった場合も多く見られるようです。

この2つの儀式が混同されるようになったのは、近年進んでいる「お葬式改革」の簡略化に伴っているのではないかと考えられているようです。近年よく耳にする「火葬式」という儀式も、簡略化されているものの、その中でも故人や周辺の方々への配慮が見られる儀式が組み込まれているものもあるようです。